TOEICの極意

資格

TOEICについて

この記事では、英語を身につけて外資系企業への就職や、外国人とお仕事をしたいと考えている方に向けた情報を紹介しています。

TOEICとは?

TOEICは、Test of English for International Communicationの略称で、英語の聞く・読む力を測る試験です。

特にビジネス英語に重点が置かれています。

ビジネス英語とは、仕事の場で使われる英語のことです。

特に、商談やプレゼンテーションなどで相手に敬意を示すために、丁寧やフォーマルな表現を使うことが多いです。

ビジネス英語は、日常英語と比べて単語数が多く、論理的に話すことが求められます。

TOEICの試験内容は?

TOEICの試験は、英語のリスニングとリーディングの能力を測るテストです。

TOEICの試験内容は、以下のようになっています。

① リスニング:約45分間、100問。

会話やナレーションを聞いて、写真描写問題、応答問題、会話問題、説明文問題に答えます。

② リーディング:75分間、100問。

短文や長文を読んで、短文穴埋め問題、長文穴埋め問題、文書問題に答えます。

TOEICの試験は、英語のビジネスや日常生活で使われる表現や単語が多く出題されます。

TOEICの試験は、年間で約10回実施され、受験料は6,000円(税込)です。

また、TOEICは、英語の聞く・読む能力を客観的に測定することができるので、就職や転職、留学などで英語力を証明するために有効な資格です。

TOEICのスコアについて

TOEICのスコアの目安は、人によって異なると思いますが、一般的には以下のようなレベル分けがされています。

① 400点未満:初級レベル。

基本的な英語力が不足している。履歴書に書くと逆効果になる可能性がある。

② 400点~495点:初中級レベル。

基本的な英語力はあるが、まだ不十分。履歴書に書く必要はない。

③ 500点~595点:中級レベル。

基礎力がついてきて、出来ることが増えてきた。

履歴書に書いてもマイナスにはならないが、プラス評価にもならない。

④ 600点~695点:中上級レベル。

英語力が十分とは言えないが、ある程度使える。

履歴書に書くとアピール材料になる。

⑤ 700点~795点:上級レベル。

英語力が高く、ビジネスや日常生活で使える。

履歴書に書くと高い評価を得られる。

⑥ 800点~895点:超上級レベル。

英語力が非常に高く、ほとんどの場面で問題なく使える。

履歴書に書くと大きなアドバンテージになる。

⑦ 900点以上:最上級レベル。

英語力がほぼ母国語話者と同等で、どんな場面でも自在に使える。

履歴書に書くと圧倒的な印象を与える。

もちろん、これらのレベルはあくまで目安であり、TOEICのスコアだけでは英語力を完全に測れるわけではありません。

TOEICのスコアは、自分の英語力の現状把握や目標設定のための指標として活用しましょう。

TOEICの勉強法は?

TOEICのスコアを上げるための勉強法は、色々ありますが、一般的には以下のようなものが挙げられます。

① TOEIC対策の参考書や問題集を活用する:TOEICの出題傾向や形式に慣れるために、公式問題集や過去問題集を使って問題演習を繰り返しましょう。

また、模擬試験も受けて、試験前の練習をしましょう。

② 英語のリスニング力を伸ばすために音声教材を活用する:TOEICのリスニング問題は、英語の音声に耳を慣らすことが大切です。

英語のニュースやドラマ、映画などを聴いたり、シャドーイング(聞こえてきた英語音声を追うようにリピートするトレーニング法)をしたりしましょう。

③ 文法事項を押さえながら精読する:TOEICのリーディング問題は、文法を理解しながら英文を読み込むことが必要です。

文法事項を押さえながら精読することで、今まで読めなかった英文が読めるようになります。

④ 音読をして速読力をつける:TOEICのリーディング問題は、時間内に解くことが難しいため、速読力が必要です。

英文を音読することで、読むスピードを上げることができます。

以上が、TOEICのスコアを上げるための勉強法です。

TOEIC対策の参考書や問題集、音声教材を使って、リスニング力やリーディング力を伸ばすことが大切です。

また、スケジュールを立てて、計画的に勉強することも重要です。

多角的に勉強して、TOEICのスコアアップに挑戦しましょう!

英語の習得方法

TOEICはビジネス英語に焦点を当てていますので、ビジネス英語を習得する方法をいくつかお伝えします。

一般的には以下のようなステップを踏むことがおすすめです。

① 目標を明確に設定する

目標を明確に設定することで、自分がビジネス英語を習得して何がしたいのか、何を達成したいのかを明確にし、学習のモチベーションを高く保つことができます。

② 発音の勉強をする

発音の勉強は、相手に自分の意見や提案をはっきりと伝えるために必要です。

③ 基礎の文法・単語の復習をする

基礎の文法・単語は、英語力の土台となるものなので、中学英語レベルの復習から始めましょう。

④ リーディング・リスニングの学習をする

リーディング・リスニングは、ビジネスシーンで頻出の単語や表現をインプットすることで、英語の理解力を高めることができます。

⑤ ライティング・スピーキングの学習をする

ライティング・スピーキングは、自分の業務に必要なシチュエーションで英語をアウトプットすることで、実践で使える英語力を身につけることができます。

中学英語レベルの復習

中学英語レベルの復習には、以下のような方法があります。

❶ 英単語を例文と発音と一緒に覚える

英単語は文字だけでなく、音声や例文と一緒に覚えることで、記憶の定着や発音の正確さを高めることができます。

❷ 英文法の品詞や語順の基本を理解する

英文法は品詞や語順の基本である5文型をしっかり理解しておくことで、英語の文の骨格を把握することができます。

❸ 英文法をインプットとアウトプットの両方で定着させる

英文法はインプットだけでなく、アウトプットも行うことで、生きた英語として使えるようになります。

❹ 時間をかけすぎないで効率的に復習する

時間をかけすぎないで効率的に復習するためには、分厚くない見やすい教材を選んだり、要点だけを重点的に取り組んだりすることがおすすめです。

リーディングとリスニングの勉強方法について

リーディングとリスニングの勉強方法についてご紹介します。

リーディングとリスニングは、英語の4技能(リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング)のうちの2つであり、英語を理解する能力を高めるために重要なスキルです。

リーディングとリスニングの勉強方法は、それぞれに違いがありますが、共通するポイントもあります。

まず、共通するポイントとしては、

❶ 自分のレベルに合った教材を選ぶ

自分のレベルに合った教材を選ぶことで、適度な難易度で学習することができます。

難しすぎると挫折しやすく、簡単すぎると成長しにくいので、自分が理解できる範囲で少しチャレンジするくらいが良いでしょう。

❷ 英語を日本語に翻訳しない

英語を日本語に翻訳しないことで、英語そのものを理解する力を養います。日本語に翻訳すると、言い回しやニュアンスが変わってしまったり、時間がかかってしまったりするので、英語を英語のまま捉えるようにしましょう。

❸ 多読と多聴をする

多読と多聴をすることで、英語に慣れ親しむことができます。多読とは、たくさんの英文を読むことで、多聴とは、たくさんの英語音声を聞くことです。多読と多聴をすることで、英語の単語や文法だけでなく、発音やイントネーション、リズムや表現法なども身につけることができます。

多読について

テキストや問題集を使った勉強だけでは、集中力やモチベーションの維持がかなり必要となり、勉強が継続できないことがあると思います。

その際には、息抜きや休憩時間に多読を実践するのがオススメです。

以下は、多読の方法についてより具体的にご紹介いたします。

そもそも多読(たどく)は、言語学習の方法の一つであり、大量の読書を通じて言語力を向上させる手法です。

多読では、自分の理解範囲内で興味や楽しみを持てるレベルの本を選び、それらを量を重視して読み進めます。

多読の目的は、文章全体の意味や流れを把握することで、単語や文法の細かい部分にこだわることなく、自然な読解力を養うことです。

一般的な文法や語彙の学習とは異なり、文章の文脈から単語や表現の意味を推測し、理解することが重要です。

多読のメリットはいくつかあります。

まず、大量の読書によって、自然な表現や慣用句、文化的な背景を身につけることができます。

また、多くの文章を読むことで、語彙力や文法の使い方が自然と身につき、リスニングやスピーキングのスキルも向上する傾向があります。

多読を始める際には、自分のレベルに合った書籍を選ぶことが重要です。

初心者は簡単な児童書や短編小説から始め、徐々に難易度の高い本に挑戦していきます。

また、辞書は必要最小限に留め、流れを妨げずに読み進めることが大切です。

多読は効果的な言語学習方法の一つですが、それだけで完璧な言語力を得られるわけではありません。

他の学習方法との組み合わせや、会話や書き言葉の練習も重要です。

バランスの取れた学習プランを立てながら、多読を取り入れることで、効率的に言語力を向上させることができます。

リーディングとリスニングの勉強方法

次に、リーディングとリスニングのそれぞれの勉強方法について見ていきましょう。

リーディングの勉強方法としては、

❶ 目的別に読み方を変える

目的別に読み方を変えることで、効率的に情報を得ることができます。

例えば、全体的な内容や主旨を知りたい場合は、スキミング(見出しや最初の文などを素早く目で追って大まかな内容を把握する)を行い、詳細な情報や答えを探したい場合はスキャニング(特定の単語や数字などを探すように目で追って必要な情報だけを拾う)を行います。

❷ 単語や文法だけでなく文脈や背景知識も活用する

単語や文法だけでなく文脈や背景知識も活用することで、深く理解することができます。

単語や文法の知識はもちろん重要ですが、それだけでは英文の意図やニュアンスをつかみにくい場合があります。

そのときは、文のつながりや話題の背景などを考えてみると、より正確な理解につながります。

❸ 読解問題や要約などで理解度を確認する

読解問題や要約などで理解度を確認することで、自分の弱点や課題を見つけることができます。

読んだだけでは自分がどれだけ理解できているかわかりにくいので、定期的にチェックテストを行うと良いでしょう。

また、要約することで、英文の主要な情報を整理する力も身につけることができます。

リスニングの勉強方法としては、

❶ 聞き取り能力と意味理解能力を別々に鍛える

聞き取り能力と意味理解能力を別々に鍛えることで、バランスよくリスニング力を高めることができます。

聞き取り能力とは、英語の音声から単語や文の構造を正しく認識する能力です。

意味理解能力とは、英語の音声から内容やメッセージを正しく把握する能力です。

聞き取り能力を鍛えるには、シャドーイングやディクテーションなどの発音練習が効果的です。

意味理解能力を鍛えるには、リピーティングやパラフレージングなどの復唱練習が効果的です。

❷ シャドーイングやディクテーションなどで発音やリズムをマスターする

シャドーイングやディクテーションなどで発音やリズムをマスターすることで、聞き取り能力を向上させることができます。

シャドーイングとは、英語の音声に合わせて同じように発音する練習です。

ディクテーションとは、英語の音声を聞いて書き取る練習です。

これらの練習をすることで、英語の発音やアクセント、イントネーションなどに慣れることができます。

❸ リピーティングやパラフレージングなどで内容を復唱する

リピーティングやパラフレージングなどで内容を復唱することで、意味理解能力を向上させることができます。

リピーティングとは、英語の音声をそのまま繰り返す練習です。

パラフレージングとは、英語の音声を言い換えたり要約したりする練習です。

これらの練習をすることで、英語の内容やメッセージに集中することができます。

リーディングとリスニングのどちらを先に勉強した方がいいかは、人によって異なると思います。

一般的には、リーディングの方がリスニングよりもやりやすいと感じる人が多いかもしれません。

リーディングなら、自分のペースで読むことができますし、単語や文法の確認もしやすいです。

リスニングは、音声のスピードに合わせなければならないし、聞き逃したり聞き間違えたりする可能性もあります。

しかし、リスニングに慣れることで、リーディングも楽になるというメリットもあります。

リスニングで英語の発音やリズムを身につけることで、リーディングでも英文を自然に読むことができますし、英語の音声を頭の中で再生することで理解しやすくなります。

また、リスニングは日常会話や映画などで楽しみながら学ぶことができます。

ですから、どちらを先に勉強するかは、自分の目的や興味に合わせて決めてみてください。

両方をバランスよく勉強することが大切です。

タイトルとURLをコピーしました