宅建取得の極意

資格

宅地建物取引士について

宅地建物取引士の取得方法・学習方法・おすすめの教材を紹介します!!

そもそも宅建士とは?

宅建士の仕事は、不動産の売買や賃貸などの取引を仲介する際に必要な、契約関連の一連業務を手掛けることです。

具体的には、以下のような業務があります。

  • 物件の紹介や内覧
  • 契約書や重要事項説明書への記名・調印
  • 取引者に対する重要事項の説明
  • 各種広告活動
  • 物件の維持管理や入退去者の管理
  • 不動産の有効活用方法に関するアドバイスやコンサルティング

宅建士は、不動産に関する専門知識や法律知識をもち、不動産取引を円滑化するとともに、トラブルを未然に防ぐ役割を担っています。

(ちなみに管理人は、不動産会社で物件紹介〜契約〜重要事項説明まで行っていました!)

宅建士の年収は?


宅建士の年収は、勤務先や職種、役職、地域などによって異なりますが、平均的には450万円~500万円程度と言われています。

男女別に見ると、男性のほうが年収が高く、381万円~603万円となっていますが、女性も278万円~538万円とそれほど差はありません。

独立した場合は、リスクとリターンが大きく、年収1000万円を超えることも可能ですが、一定の収入が保証されるわけではありません。

宅建士の年収を上げる方法としては、企業に就職して階級を上げることや、歩合制を活用して稼ぐことなどが挙げられます。

宅建の試験内容は?

宅建を取るには、まず宅建士試験を受けて合格しないといけません。

(資格がなくてもある程度実務はできますが、制限がかかります…)

試験は年に1回、10月の第3日曜日に行われます。

試験には受験資格がなく、誰でも受けることができますが、合格率は15%~17%前後と低く、難易度は高いと言われています。

試験の内容は、4分野(民法・宅建業法・その他の法令・税金)から出題される4肢択一式の問題で、50点中、35〜38点ほど取らなければいけません。

また、試験に合格するためには、約300時間~350時間の勉強が必要とされています。

試験に合格したら、次に各都道府県に資格を登録することが必要ですが、宅地建物取引業の実務経験が2年未満の人は、「登録実務講習」を受けなければなりません。

(この講習は丸二日間ほどあります。)

実務経験を積むか、講習を修了して資格を登録したら、「宅地建物取引士証」の交付を受けてはじめて、宅建士として働くことができるようになります!!

宅建試験に合格した人の特徴は?

宅建試験に合格した人の特徴は、以下のようなものがあるようです。

  • 意思をもって受験している
  • スキマ時間をつかっている
  • 諦めない
  • 計画を立てて勉強している
  • 気持ちの切り替えがうまい
  • 宅建試験の学習法をリサーチしている
  • 本試験の対策ができている
  • 学習にかかる出費を惜しまない
  • くり返し勉強している

宅建試験は難易度が高く、毎年20万人くらいの人が受験し、合格率は大体15%くらいです。

一般的には、300時間程度の勉強時間と1万円前後の学習コストが必要とされます。

一発合格するためには、過去の出題傾向や分野ごとの問題数、問題を解く順番などを把握することが重要です。

(不動産会社で働く同僚でも、合格した人は、計画的に勉強し、学習方法をリサーチしておき、他の受験者よりもアドバンテージのとれる費用なら投資し、繰り返し問題を解いていました。)

勉強のポイントは??

① 試験内容を理解する


試験科目や出題範囲、配点や難易度を把握することが大切です。
宅建試験は50点満点で、合格基準点は35点〜38点程度です。

② 勉強科目に優先順位をつける


出題数が多くて得点しやすい宅建業法から重点的に学習することが効率的です。
宅建業法と権利関係(民法など)の2つで全体の7割を占めています。

③ 過去問を中心に解く


宅建試験は過去問の出題傾向が強いので、過去問を繰り返し解くことが、
1番知識の定着と応用力を高めることができます。

④ 模擬試験を受験する


模擬試験を受けることで、自分の弱点や得意分野を把握することができます。
また、時間配分や集中力などの試験対策もできます。

⑤ スキマ時間を有効活用する


スキマ時間には、すぐに勉強や復習ができるように、スマホにアプリやサイトを入れた方が効率よく知識の定着と得点アップに繋がります。

以上が宅建試験のおすすめの勉強法です!


宅建試験は独学でも合格可能な国家資格ですが、戦略的に勉強しないと確実に落とされる試験です。

そのためには計画的かつ効果的な学習が必要となっています。

資格の勉強については、

資格取得の極意」で紹介しています。

おすすめの学習方法・サービス

アプリやサイトのおすすめは、資格の種類によって異なりますが、以下のようなものがあります。

① オンスク

・月額 1078円で60講座以上の資格学習コンテンツが利用可能

・スマホでもPCでも、マルチデバイス対応でどこでも学習が可能

・資格の学校TACのノウハウが凝縮された充実の講義ムービー

・過去問を徹底分析した問題演習機能

・スマホやPCで学べる月額1078円の〇〇講座(EX:宅建、社労士、簿記3級など)

スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】

② e-ラーニング

・ 年間14万人以上で利用されているeラーニングサイト

・ FP、宅建士等、受験者数が多い人気資格を中心に、eラーニング中心講座を販売

・ WEB活用による効率化で『低価格+充実の講座内容』を実現 eラーニングは、

・ インターネット環境があればいつでもどこでも学習可能で、 スマホ、タブレット対応

・ 受講中の疑問点については、質問メール受付サービスで充実のサポートを行っている

資格対策ドットコム

資格スクエア

・ いつでもどこでも何度でも講義が視聴できる!

・ 東京大学薬学部教授の池谷裕二氏の全面協力の 「IT×脳科学」を利用した問題演習機能

・ WEBで全て完結する、講義動画の横に編集可能なオンラインレジュメ

・ 受講生同士のオンライン単語帳の共有機能

・ 講義動画の21段階倍速機能で1時間の動画が最短20分に!

資格講座 | 資格スクエア

資格は取りたいと思った時が勉強開始の合図です。

教材選びに時間を使うよりも、サービスやアプリを活用してどんどん学習をしていきましょう!!

タイトルとURLをコピーしました