資格取得の極意

資格

資格について

資格取得についての情報をご紹介いたします。

資格とは

資格とは、ある行為を行うために必要もしくは相応しいとされる地位や立場や、あることを行うために必要とされる条件のことです。

資格取得には様々な理由とメリットがありますが、注意点もあります。

資格取得の理由とメリット

❶ 資格がないと働けない仕事がある

❷ 就職先で求められている

❸ キャリアアップにつながる

❹ 努力をアピールできる

資格取得の注意点

❶ 関係のない資格はマイナス評価

❷ 実務経験が求められる仕事もある

❸ 希少性のない資格はメリットが少ない

❹ 難関資格が必ずしもプラス評価になるとは限らない

資格取得を目指す場合は、自分の目的や将来のキャリアに合った資格を選ぶことが大切です。

資格の種類

資格には、国家資格、公的資格、民間資格などの種類があります。

国家資格とは?

国家資格とは、国の制度に基づいて、各種分野における個人の能力、知識が判定され、特定の職業に従事しうることを証明するものです。

国家資格の例はたくさんありますが、代表的なものとしては、弁護士、医師、税理士、薬剤師、建築士などが挙げられます。

これらの資格は、その資格を有する者でなければ携わることを禁じられている業務を、独占的に行うことができる業務独占資格です。

また、保育士、栄養士、技術士などは、資格取得者以外の者にその資格の呼称の利用が日本の法令で禁止されている名称独占資格です。

さらに、クリーニング師、管理美容師、保育士などは、ある事業を行う際に、その企業や事業所にて特定の資格保持者を必ず置かなければならないと日本の法律で定められている必置資格です。

公的資格とは?

公的資格とは、試験は民間団体や公益法人が行うが、資格は官公庁から発行されるものです。

公的資格の例としては、食品衛生責任者、ふぐ調理師、防火管理技能者などがあります。

これらの資格は、試験は民間団体や公益法人が行うが、資格は官公庁から発行されるものです。

また、業務独占性や名称独占性はありませんが、一定の業務に従事する際に必要とされることが多いです。 

民間資格とは?

民間資格とは、民間団体や業界団体が主催する試験や検定に合格したことを示すものです。 

民間資格の例はたくさんありますが、代表的なものとしては、TOEICやMOS、パソコン検定、臨床心理士、診療報酬請求事務能力認定試験などが挙げられます。

これらの資格は、民間団体や業界団体が主催する試験や検定に合格したことを示すものです。

また、分野別にも多くの民間資格があります。

例えば、法律・法務系には法学検定試験や不動産知識検定など、

IT・コンピュータ系にはオラクルマスターや情報処理技能検定試験など、

食品・栄養・調理系には食品衛生責任者やふぐ調理師などがあります。

転職に有利な資格は?

転職に有利な資格は、業界や職種によって異なりますが、一般的には、TOEICや日商簿記検定、社会保険労務士などのビジネススキルを証明する資格や、

宅地建物取引士や通関士などの専門性の高い資格が求められることが多いようです。

また、IT業界では、基本情報技術者試験やCCNAなどのIT関連の資格が有利になります。

キャリアアップにつながる資格は?

キャリアアップにつながる資格は、業界や職種によって異なりますが、一般的には、

FP(ファイナンシャルプランナー)や行政書士、簿記などのビジネススキルを証明する資格や、

IT関連の資格などの専門性の高い資格が求められることが多いようです。

転職やキャリアアップにつながる資格で資格取得を考えている方は、自分の希望する業界や職種に応じて選ぶことが大切です。

資格取得のメリット

資格取得のメリットは、以下のようなものがあります。

❶ 資格がないとできない業務ができるようになる

例えば、行政書士や宅建士などは、独占業務と呼ばれる特定の仕事をするために必要な資格です。

資格を持っていれば、その分野での需要や価値が高まります。

❷ 専門知識が得られる

資格を取得するためには、試験に合格する必要があります。

その過程で、関連する知識やスキルを身につけることができます。

これは、自分の仕事に役立つだけでなく、自己学習能力や問題解決能力も向上させることができます。

❸ 信用や自信が得られる

資格は、自分の能力や努力を証明するものです。

資格を持っていれば、社会的なステータスや信頼性が高まります。

また、自分の目標を達成したことで、自己肯定感や達成感を感じることができます。

❹ 人的ネットワークが得られる

資格を取得するためには、資格スクールや通信講座などを利用することもあります。

そこで出会った同じ目標を持つ仲間や講師との交流は、情報交換や相談などに役立ちます。

また、資格を持っていれば、同じ分野の専門家としてコミュニティに参加したり、

仕事の依頼や紹介を受けたりすることもあります。

資格の学習方法は?

資格の学習方法は、資格の種類や難易度、自分の目標や状況によって異なりますが、

一般的には以下のようなポイントがあります。

❶ アプリやサイトを活用する

資格の勉強に役立つアプリやサイトは多数あります。

勉強時間の管理や記録、問題集や過去問の解答、参考書や教材の紹介など、様々な機能を利用できます。

スキマ時間に有効活用し、手軽に勉強できるのもメリットです。

❷ 集中できる場所を選ぶ

自宅以外で勉強したい場合は、自分に合った環境を探しましょう。

静かな場所が好みなら図書館、静かすぎるのが苦手なら公園、モチベーションを上げたいならカフェ、1日中勉強したいなら自習室などがおすすめです。

❸ 専用ノートを作る

資格の勉強には専用ノートを作ることが効果的です。

参考書や問題集から重要なポイントや暗記すべき事項をまとめて書き込みます。

ノート作り自体が復習になりますし、試験前に見直すときにも便利です。

❹ 計画を立てる

資格の勉強には計画性が必要です。

試験日までに達成すべき目標を設定し、そのために必要な方法と1日にやるべきことを明確化しましょう。

目標は小さく始めて徐々に増やすと良いです。タスクに優先度をつけて効率的に進めましょう。

❺ 過去問を活用する

資格の勉強では過去問を活用することが重要です。

過去問を解くことで、試験の出題範囲や傾向、時間配分などを把握できます。

過去問は3回解くことが目安です。間違えた問題は分類して復習しましょう。

❻ 睡眠時間を確保する

資格の勉強では睡眠時間も大切です。睡眠中に脳は記憶を整理しています。

寝る前にインプットした内容は睡眠中に定着しやすくなります。

また、睡眠不足は集中力や記憶力を低下させます。質の良い睡眠をとって脳の働きを高めましょう。

❼ 効率的な教材を使用する

取りたい資格が決まったら、教材探しが必要です。

教材にはおすすめできないものや、解説がわかりづらいものがあるのでランキング上位のものを使用しすぐに学習をはじめるのが効果的です。

また、自分の環境にあったスキマ時間の活用ができると、試験の合格率がグンッと上がります

おすすめの学習方法・サービス

アプリやサイトのおすすめは、資格の種類によって異なりますが、以下のようなものがあります。

① オンスク

・月額 1078円で60講座以上の資格学習コンテンツが利用可能

・スマホでもPCでも、マルチデバイス対応でどこでも学習が可能

・資格の学校TACのノウハウが凝縮された充実の講義ムービー

・過去問を徹底分析した問題演習機能

・スマホやPCで学べる月額1078円の〇〇講座(EX:宅建、社労士、簿記3級など)

スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】

② e-ラーニング

・ 年間14万人以上で利用されているeラーニングサイト

・ FP、宅建士等、受験者数が多い人気資格を中心に、eラーニング中心講座を販売

・ WEB活用による効率化で『低価格+充実の講座内容』を実現 eラーニングは、

・ インターネット環境があればいつでもどこでも学習可能で、 スマホ、タブレット対応

・ 受講中の疑問点については、質問メール受付サービスで充実のサポートを行っている

資格対策ドットコム

資格スクエア

・ いつでもどこでも何度でも講義が視聴できる!

・ 東京大学薬学部教授の池谷裕二氏の全面協力の 「IT×脳科学」を利用した問題演習機能

・ WEBで全て完結する、講義動画の横に編集可能なオンラインレジュメ

・ 受講生同士のオンライン単語帳の共有機能

・ 講義動画の21段階倍速機能で1時間の動画が最短20分に!

資格講座 | 資格スクエア

資格は取りたいと思った時が勉強開始の合図です。

教材選びに時間を使うよりも、サービスやアプリを活用してどんどん学習をしていきましょう!!

タイトルとURLをコピーしました