itパスポートの極意

資格

itパスポートについて

この記事では、IT系資格に興味がある、IT企業に就職したい方に向けた情報を紹介いたします。

ITパスポートとは

ITパスポートとは、ITに関する基礎的な知識を証明する国家試験です。

ITを利活用するすべての社会人や学生が対象で、経営全般や新しい技術、プロジェクトマネジメントなどの幅広い分野の総合的知識を問われます。

試験はコンピュータを利用して随時実施され、多肢選択式の問題が100問出題されます。

また、合格率は約50%で、必要な勉強時間は約100時間と言われています。

ITパスポートは、IT化が進んだ現代社会に羽ばたくための「パスポート」として、多くの企業や学校で活用されています。

ITパスポートの試験内容は?

ITパスポートの試験内容は、ITに関する基礎的な知識を問うものです。

試験はコンピュータを使って四肢択一式の問題に解答します。

試験時間は120分で、出題数は100問です。

出題分野は、ストラテジ系(経営全般)、マネジメント系(IT管理)、テクノロジ系(IT技術)の3つで、それぞれに企業活動や法務、システム開発やプロジェクトマネジメント、基礎理論やセキュリティなどの知識が求められます。

合格基準は、総合評価点が1000点満点中 600点以上であり、かつ分野別評価点もそれぞれ1000点満点中 300点以上であることです。

IT企業とは?

そもそもIT企業とは、コンピューターに関する技術を扱う企業のことです。

IT企業には、ソフトウェアやハードウェア、情報処理や通信サービス、インターネットやWeb系サービスなど、さまざまな業種があります。

IT企業には、システムエンジニアやプログラマー、ITコンサルタントなどの職種があります。

IT企業に就職すると、専門的なデジタル技術を身につけることができます。

ITエンジニアとは?

ITエンジニアとは、IT(情報技術)に関する専門的な知識やスキルを持つ技術者のことです。

ITエンジニアには、さまざまな職種がありますが、一般的には、コンピューターやネットワーク、Webで動作するシステムやサービスの企画・設計・開発・運用・管理などに携わります。

ITエンジニアは、理系だけでなく文系でもなれる職業で、コミュニケーション能力や文章力なども必要とされます。

ITエンジニアは、IT系の企業だけでなく、非IT系の企業でも活躍することができます。

ITエンジニアは、常に技術の変化に対応し、勉強を続ける姿勢が大切です。

ITエンジニアの年収は

ITエンジニアの年収は、職種や業種、企業規模、スキルなどによって大きく異なりますが、一般的には450万円~600万円が相場といわれています。

ITエンジニア全体の平均年収は442万円で、全体平均の409万円よりも33万円高いです。

年齢が上がるにつれて年収も上がる傾向があり、50代では700万円を超えることもあります。

男女の差はほとんどありませんが、男性の方が管理職になることが多いため、平均的には男性の方が高い年収を得ています。

ITエンジニアの中でも、先進技術や上流工程に携わるエンジニアは高い年収を得られる可能性が高く、600万円以上や1000万円以上の年収を得ている人もいます。

ITエンジニアはスキルや経験が直接収入に反映される職種なので、常に勉強を続けてスキルアップすることが大切です。

ITパスポートの勉強方法は?

ITパスポートの勉強方法は、参考書や過去問題集を使って知識をインプットし、練習問題や模擬試験でアウトプットすることが効果的です。

ITパスポートは、ITに関する基礎的な知識を問う国家試験で、ストラテジ系、マネジメント系、テクノロジ系の3分野から出題されます。

合格に必要な勉強時間は、IT初心者の場合は約100時間程度、IT経験者の場合は約30~40時間程度と言われています。

独学で1ヶ月で合格するためには、まずは試験日までのスケジュールを立てて、参考書で知識を得た後に過去問題集で試験形式に慣れることが大切です。

また、過去問題と似た傾向の問題が多く出題されるので、過去問題をたくさん解くこともおすすめです。  

ITパスポートのストラテジ系とは?

ITパスポートのストラテジ系とは、 企業活動や経営、システム戦略についての分野です。

ITパスポート試験では、ストラテジ系は全体の 35問程度出題されます。

ストラテジ系はさらに、 企業と法務、経営戦略、システム戦略の3つの項目に分かれています。

❶ 企業と法務では、企業活動と法務の2つの中分類があります。

企業活動では、経営の基本や業務の分析課題の解決方法などが問われます。

法務では、知的財産権や個人情報保護法などの法律に関する内容が問われます。

❷ 経営戦略では、経営戦略マネジメント 、技術戦略マネジメント、ビジネスインダストリの3つの中分類があります。

経営戦略マネジメントでは、SWOT分析やバランススコアカードなどの経営戦略に関する手法や用語が問われます。

技術戦略マネジメントでは、技術革新や技術移転などの技術戦略に関する内容が問われます。

ビジネスインダストリでは、ITを活用したビジネスモデルや業界動向などが問われます。

❸ システム戦略では、システム戦略とシステム企画の2つの中分類があります。

システム戦略では、情報システムの役割や目的、情報システム化計画などが問われます。

システム企画では、要件定義やフィージビリティスタディなどのシステム開発に関する手法や用語が問われます。

ストラテジ系はITパスポート試験で最も出題数の多い分野です。

ITに関する基礎知識だけでなく、ビジネスに関する知識も必要です。

ストラテジ系を理解することで、ITを経営に活かす視点を身につけることができます。

ITパスポートのマネジメント系とは?

ITパスポートのマネジメント系とは、システムの開発技術やプロジェクトのマネジメント方法についての分野です。

ITパスポート試験では、マネジメント系は全体の20問程度出題されます。

マネジメント系はさらに、開発技術、プロジェクトマネジメント、サービスマネジメントの3つの項目に分かれています。

❶ 開発技術では、システム開発技術とソフトウェア開発管理技術の2つの中分類があります。

システム開発技術では、システム開発のプロセスや見積もり手法などが問われます。

ソフトウェア開発管理技術では、ソフトウェア開発モデルや品質管理などが問われます。

❷ プロジェクトマネジメントでは、プロジェクトマネジメントの1つの中分類があります。

プロジェクトマネジメントでは、プロジェクトマネジメントの目的やプロセス、ガイドラインや手法などが問われます。

❸ サービスマネジメントでは、サービスマネジメントとシステム監査の2つの中分類があります。

サービスマネジメントでは、サービスマネジメントの目的やガイドライン(ITIL)、プロセスなどが問われます。

システム監査では、システム監査の目的や流れ、基準などが問われます。

マネジメント系はITパスポート試験で出題数の少ない分野ですが、その分1問当たりの点数配分は高く設定されています。

総合評価点と分野別評価点の両方で合格基準を満たすためにも、バランスよく勉強する必要があります。

マネジメント系を理解することで、ITを管理する視点を身につけることができます。

ITパスポートのテクノロジ系とは?

ITパスポートのテクノロジ系とは、コンピュータに必要な数学・コンピュータの構成・ネットワーク・データベース・セキュリティについての分野です。

ITパスポート試験では、テクノロジ系は全体の45問出題されます。

テクノロジ系はさらに、基礎理論、コンピュータシステム、技術要素の3つの項目に分かれています。

❶ 基礎理論では、離散数学、応用数学、アルゴリズムとプログラミングの3つの中分類があります。

離散数学では、2進法や10進法への変換などが問われます。

応用数学では、確率や統計の基礎知識などが問われます。

アルゴリズムとプログラミングでは、プログラムの処理手順や言語を使ってアルゴリズムを記述する方法などが問われます。

❷ コンピュータシステムでは、コンピュータ構成要素、システムの構成要素、ソフトウェア、ハードウェア** の4つの中分類があります。

コンピュータ構成要素では、CPUや記憶装置などが問われます。

システムの構成要素では、情報の処理形態やクライアントサーバシステムなどが問われます。

ソフトウェアでは、OSの必要性と種類などが問われます。

ハードウェアでは、入力装置や出力装置などが問われます。

❸ 技術要素では、ヒューマンインターフェース、マルチメディア、データベース、ネットワーク、セキュリティの5つの中分類があります。

ヒューマンインターフェースでは、人間とコンピュータとの接点や操作方法などが問われます。

マルチメディアでは、さまざまな種類のデータを統合したものなどが問われます。

データベースでは、データを集中して格納したものなどが問われます。

ネットワークでは、構成機器や規格などが問われます。

セキュリティでは、情報資産を管理する方法などが問われます。

テクノロジ系はITパスポート試験で出題数の多い分野ですが、その分1問当たりの点数配分は低く設定されています。

総合評価点と分野別評価点の両方で合格基準を満たすためにも、バランスよく勉強する必要があります。

テクノロジ系を理解することで、ITを利用する技術力を身につけることができます。

おすすめの勉強方法は?

ITパスポートに合格した人は、様々な勉強方法をしていますが、共通しているのは 過去問題を繰り返し解く、いつでも復習ができる教材を使うことです。

過去問題を解くことで、出題傾向や自分の苦手分野を把握できます。

苦手分野については、テキストやスマホの学習サービスを使って、理解を深めることがおすすめです。

また、 資格の勉強に共通していえることですが、睡眠をしっかりとることも大切です。

睡眠不足は認知能力や記憶力に影響するので、試験前日は早めに寝るようにしましょう。

ITパスポートの勉強時間は、個人差がありますが、一般的には IT初心者の場合は約100時間程度 、IT経験者の場合は 約30~40時間程度と言われています。

試験日までのスケジュールを立てて、効率的に勉強することが合格するために重要です。

ここまでご覧いただきありがとうございました!!

下にITパスポートの受験に役立つおすすめのサービスを載せています。

スマホでいつでも勉強ができるので、ぜひご参考ください♪

① オンスク

・月額 1078円で60講座以上の資格学習コンテンツが利用可能

・スマホでもPCでも、マルチデバイス対応でどこでも学習が可能

・資格の学校TACのノウハウが凝縮された充実の講義ムービー

・過去問を徹底分析した問題演習機能

・スマホやPCで学べる月額1078円の〇〇講座(EX:宅建、社労士、簿記3級など)

スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】

タイトルとURLをコピーしました