副業の極意

副業

副業について

この記事では副業についてご紹介します♪

そもそも副業とは

本業以外の仕事で収入を得ることを指します。

副業には、さまざまな種類がありますが、法律上は明確な決まりや定義はありません。

注意点は、副業を始める前には、自分が働いている会社が副業を許可しているかどうか

確認する必要があります。

副業には、収入が増えたり、スキルが向上したり、新たな視野や経験が広がったりといったメリットがあります。

しかし、本業のパフォーマンスが落ちたり、税金の申告が必要になったり、

損失が出たりといったデメリットもあります。

副業をするときは、自分の目的や能力に合った仕事を選び、

本業とのバランスを考えることが大切です。

副業の種類

さまざまなものがありますが、大きく分けると以下の3つになります。

① ネット系(アフィリエイトやせどりなど)

② 投資系(株式投資やFXなど)

③ 労働系(アルバイトや治験など)

それぞれの種類には、メリットとデメリットがあります。

例えば、ネット系は場所や時間にとらわれずに働ける反面、収益化するまでに時間がかかることがあります。

投資系は不労所得を得られる可能性がある反面、リスクも高いことがあります。

労働系は働いた分だけ収入になる反面、時間の融通が効きにくいことがあります。

自分に合った副業を選ぶには、自分の目的や能力、時間や資金などを考慮する必要があります。

また、副業を始める前には、本業の会社の規定や税金の申告なども確認しておく必要があります。

① ネット系の副業

ネット系の副業とは、インターネットがあればできる仕事のことで、以下のような種類があります。

❶ スキル系(動画編集やWebデザインなど)

スキル系の副業は、自分の持っているスキルや経験を活かして仕事を受注するものです。クラウドソーシングサイトやマッチングサイトを利用して、クライアントから依頼された仕事を行います。スキルによっては高単価で仕事ができる可能性がありますが、スキルの習得に時間がかかることもあります。

❷ アフィリエイト系(ブログやSNSで商品やサービスを紹介するなど)

アフィリエイト系の副業は、自分の運営するブログやSNSで商品やサービスを紹介し、その紹介から成約があった場合に報酬を得るものです。アフィリエイトプログラムを提供するサイト(ASP)に登録して、自分のサイトに広告を貼ったり、記事にリンクを貼ったりします。自分のペースで活動できる反面、収益化するまでに時間がかかることがあります。

❸ 販売系(フリマアプリやネットオークションで商品を売るなど)

販売系の副業は、自分が持っている商品や作った商品をネット上で販売するものです。フリマアプリやネットオークションサイトを利用して、不用品や手作り品などを出品します。自分のお店を持てる反面、商品の発送や在庫管理などに時間がかかることがあります。

② 投資系の副業

投資系の副業は、株式や外貨などの金融商品をネット上で売買したり、投資して副収入を得ることです。

(FXや株式投資サイトを利用して、市場や為替の動きに合わせて取引をします。)

不労所得を得られる可能性がある反面、リスクも高いことがあります。

投資系の副業には、以下のような種類があります。

❶ 株式投資:企業が発行する株式を売買して、差額や配当で利益を得る

❷ FX:外国の通貨を売買して、為替レートの変動で利益を得る

❸ 仮想通貨:インターネット上で利用できるデジタル通貨を売買して、価格変動で利益を得る

❹ 不動産投資:マンションやアパートなどの不動産に投資して、家賃収入や売却益を得る

❺ ロボアドバイザー:AIが代わりに資産運用を行うシステムに預けて、運用益を得る

❻ ETF:上場投資信託と呼ばれる金融商品で、株式のように売買して、運用益や配当を得る

❼ クラウドファンディング:インターネット上でプロジェクトに出資して、リターンや利息を得る

投資系の副業のメリットは、本業に集中できることや、お金を大きく増やすことが期待できることです。

しかし、リスクも高いことや、投資に関する知識が必要なこともあります。

自分の目標やリスク許容度に合わせて、適切な投資方法を選ぶことが大切です。

③ 労働系の副業

労働系の副業とは、時給や歩合など、身体を動かして働いた分だけ報酬が得られるものを指します。

労働系の副業には、以下のような種類があります。

❶ 治験:医薬品や化粧品などの開発に協力して、報酬や健康診断を受ける

❷ 覆面捜査官:店舗やサービスの品質をチェックして、報告書を提出する

❸ フードデリバリー:飲食店から注文された料理を配達する

❹ 飲食店のアルバイト:レストランやカフェなどで接客や調理などを行う

❺ 日雇いアルバイト:建設現場やイベント会場などで一日だけ働く

労働系の副業のメリットは、未経験でも始められることや、働けば働くほど稼げることです。

しかし、時間の融通が効きにくいことや、体力を使うこともあります。

自分のライフスタイルや体力に合わせて、適切な副業を選ぶことが大切です。

結論:おすすめの副業は?

おすすめの副業は、自分の目標やスキル、時間や資金などによって変わります。

一概には言えませんが、一般的には以下のような副業が人気です。

❶ ネット系:アフィリエイトやクラウドソーシングなど。

場所や時間にとらわれずに働けるが、収益化するまでに時間がかかる場合が多い。

❷ 投資系:株式やFXなどに投資して副収入を得る。

不労所得を得られる可能性があるが、リスクも高い。投資に関する知識や情報収集が必要。

❸ 労働系:アルバイトや治験など、身体を動かして働く。

働けば働くほど稼げるが、時間の融通が効きにくい場合が多い。体力も必要。

❹ オーナー系:自分の商品やサービスを販売する。

自分のペースで働けるが、収益が出るまでに時間がかかる場合が多い。宣伝や集客のスキルも必要。

目標やスキル、時間や資金を持っている場合、おすすめの副業を絞り込むことができます。

月5万円稼ぐための副業

❶ フードデリバリー:飲食店から注文された料理を配達する副業。

時給は平均で1,500円程度で、週末に集中して働けば月5万円稼ぐことが可能です。

自分の好きな時間に働けるのもメリットです。

❷ Webライティング:Webサイトやブログなどの文章を書く副業。

1記事あたりの単価は500円から2,000円程度で、月に25記事から100記事書けば月5万円稼ぐことが可能です。

スキル習得まで時間がかからないのもメリットです。

❸ せどり:安く仕入れたものを高く販売し、仕入れ価格と販売時の価格の差から収益を得る副業。

仕入れ費用は10万円程度で十分で、月に50個から200個売れば月5万円稼ぐことが可能です。

即金性が高いのもメリットです。

スキルがない場合の副業

❶ ポイントサイト:広告を視聴したり、ミニゲームをクリアしたりしてポイントを貯め、現金や電子マネーなどに交換して稼げる方法です。

特別な知識は必要なく、単純作業のみで取り組めます。

❷ アンケートモニター:企業から依頼されたアンケートに回答する仕事です。

データは新商品・サービス開発や商品の改善などに活用されます。

ポイントサイトと同様、スマホがあれば誰でも簡単にできるものが多く、隙間時間を有効活用しやすいです。

さまざまな副業がありますが、まずは目標を立てて取り組んでみることが大事です。

始める際に◯◯円かかるから〜、と考えてしまい実行できないことが1番のリスクです。

皆さんがいい副業ライフを送れることを願っています♪

タイトルとURLをコピーしました