ファイナンシャルプランナー(FP2級・3級)の極意 

資格

ファイナンシャルプランナー(FP)について

ファイナンシャルプランナーの取得方法・学習方法・おすすめの教材を紹介します!!

ファイナンシャルプランナーとは

人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といいます。

ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。

これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。

FPに必要なスキルは?

ファイナンシャルプランナーとして働くために必要なスキルは、以下のようなものが挙げられます。

① 資産管理の専門知識:金融商品や保険商品、税制や法律など、資産運用に関する幅広い知識が必要です。

また、顧客のライフプランやニーズに応じた最適な提案ができるように、常に最新の情報や動向をキャッチアップすることも重要です。

② 対人スキル:顧客との信頼関係を築くことがファイナンシャルプランナーの仕事の基本です。

そのためには、コミュニケーション能力や話し方、聞き方、説明力などが求められます。

また、顧客の悩みや不安に寄り添い、共感できる姿勢も大切です。

③ 資格:ファイナンシャルプランナーとしてのキャリアに有利な資格としては、「AFP(アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー®)」や「CFP(サーティファイド ファイナンシャル プランナー)」などがあります。

これらの資格は、ファイナンシャルプランニングのスキルを認定するもので、日本FP協会が実施しています。

資格取得には研修や試験に合格する必要があります。

ファイナンシャルプランナーの年収

ファイナンシャルプランナーの年収は、働き方や勤務先、経験などによって大きく異なりますが、一般的には400万円~600万円ほどが相場といわれています。

企業に勤める場合は、基本給や資格手当、歩合給などが支払われますが、成果に応じて給料が変動することも多いです。

独立して働く場合は、相談料や手数料などが収入の柱となりますが、顧客数や営業力によって収入が大きく変わります。

また、男女や年代によっても年収に差があります。男性のほうが女性よりも年収が高くなっている傾向にあります。

年代別では、40~50代で年収がピークに達することが多いです。

資格を取得すれば、男女ともに活躍できる仕事といえるでしょう。

FPの資格の種類・取得方法は?

FPの資格は、CFP ® ・AFP資格とFP技能検定(1〜3級)の大きく2つに分かれます。

FPの資格を取得するメリットは、独立・起業だけでなく、組織に所属しながらのキャリアアップや転職、自分自身の人生計画への活用など、様々な可能性が広がることです。

FPに興味がある方は、協会が販売するテキスト・問題集や大学での学習など、さまざまな方法で学ぶことができます。また、先輩FPの活躍・合格体験談も参考になるかもしれません。

FPの資格を取得する取得方法

FPの資格を取得する方法は、FP技能検定とCFP ® ・AFP資格の2種類があります。

❶ FP技能検定について

FP技能検定は、1〜3級の試験に分かれており、各級に学科試験と実技試験があります。

試験は年に2回(春・秋)実施されており、受検申請はインターネットで行うことができます。

試験の内容や日程、申請方法などは、日本FP協会のホームページで確認できます。

❷ CFP ® ・AFP資格について

CFP ® ・AFP資格は、継続的な知識のアップデートが求められる資格です。

AFP資格を取得するには、日本FP協会が認定した教育機関で研修を受け、修了証書を取得した上で、2級FP技能検定(兼AFP資格審査試験)に合格し、日本FP協会に登録する必要があります。

CFP ® 資格を取得するには、CFP ® 資格審査試験に合格し、日本FP協会に登録する必要があります。

CFP ® 資格審査試験は年に1回(秋)実施されており、受検資格はAFP資格や大学院修了などがあります。

FPの資格を取得することで、自分自身の家計管理やライフプランの作成はもちろん、金融や不動産などの業界で活躍したり、独立・起業したりすることも可能になります。

ファイナンシャルプランナー2級・3級の試験内容

ファイナンシャルプランナー3級の試験内容は?

ファイナンシャルプランナー3級の試験は、日本FP協会ときんざいの2つの団体が実施しています。

どちらも学科試験と実技試験の2つの部門がありますが、出題範囲や問題形式、合格率などに違いがあります。

日本FP協会の試験は、学科試験がマークシート方式で50問、実技試験が記述式で3問です。

出題範囲は「資産設計提案業務」に関するもので、合格率は学科試験が約80%、実技試験が約90%です。

きんざいの試験は、学科試験がマークシート方式で60問、実技試験が記述式で2問です。

出題範囲は「個人資産相談業務」と「保険顧客資産相談業務」に関するもので、合格率は学科試験が約50%、実技試験が約60%です。

どちらの試験も難易度は高くないとされていますが、きんざいのほうが出題範囲が広く、合格率も低めなので、日本FP協会のほうが合格しやすいという意見もあります。

ただし、どちらの団体もファイナンシャルプランナーとしての信頼性や知名度に大きな差はないといわれていますので、自分の目的や状況に合わせて選ぶことが大切です。

ファイナンシャルプランナー2級の試験内容は?

ファイナンシャルプランナー2級の試験は、日本FP協会ときんざいの2つの団体が実施しています。

どちらも学科試験と実技試験の2つの部門がありますが、出題範囲や問題形式、合格率などに違いがあります。

日本FP協会の試験は、学科試験がマークシート方式で60問、実技試験が記述式で3問です。

出題範囲は「資産設計提案業務」に関するもので、合格率は学科試験が約70%、実技試験が約80%です。

きんざいの試験は、学科試験がマークシート方式で80問、実技試験が記述式で2問です。

出題範囲は「個人資産相談業務」と「保険顧客資産相談業務」に関するもので、合格率は学科試験が約40%、実技試験が約50%です。

どちらの試験も難易度は高めとされていますが、FP3級同様、きんざいのほうが出題範囲が広く、合格率も低めですので、日本FP協会のほうが合格しやすいという意見もあります。

ファイナンシャルプランナーの勉強方法

FPの勉強方法は?

FPの勉強時間は、試験の難易度や個人の状況によって異なりますが、一般的には、FP3級は80〜150時間、FP2級は150〜300時間程度が目安となります。

1日2時間勉強するとすれば、FP3級は2〜3ヵ月、FP2級は3〜5ヵ月の期間が必要になる計算です。

(あくまでも目安であり、実務経験や学習方法によって変わります。)

FPの勉強方法としては、テキストや問題集で基礎知識を身につけた後、過去問題や模擬試験で得点力を高めることが大切です。

特に実技試験では、資料読解や計算問題が出題されるので、練習を重ねておくことがポイントです。

また、FPの勉強を始めるときは、自分の目標や動機を明確にし、効率的な学習スケジュールを立てることがおすすめです。

ファイナンシャルプランナーの合格者は、さまざまな勉強方法をしていますが、共通点としては、 過去問題を繰り返して解くこと が挙げられます。

過去問題を解くことで、試験の傾向や出題範囲を把握できるだけでなく、自分の苦手分野や理解度もチェックできます。

また、実技試験では、記述式の問題に対応するために、文章力や表現力も必要になります。

そのため、過去問題の解答例を参考にして、自分の言葉で書き直したり、要点をまとめたりすることも効果的です。

ただし、過去問題だけに頼るのではなく、 インプットとアウトプットのバランス を取ることも大切です。

インプットは教科書や参考書、Webサイトなどで知識を吸収することで、

アウトプットは問題集や模擬試験などで知識を出力することです。

インプットとアウトプットを繰り返すことで、知識が定着しやすくなります。

また、 法改正の最新情報 も常にチェックする必要があります。

法改正は順次行われるため、試験に際しては最新の法律に則った解答をしなければなりません。

そのため、過去問題を解く際には、新しいものから始めて古いものへと順番に解いていくことがおすすめです。

独学でも受かる??

ファイナンシャルプランナーの勉強方法は、独学でも合格できると言われていますが、メリットとデメリットがあります。

独学のメリットは、コストを抑えられることや自分のペースで学習できることです。

独学のデメリットは、教材選びが難しいことや学習時間の確保が大変なこと、挫折しやすいことです。

もし、この記事を読まれている方で、独学で勉強する場合は、以下の点に注意してください。

❶ 法改正をチェックすること

❷ テキストは最新のものを用意すること

❸ スキマ時間を活用すること

❸ 受験資格が得られない場合があること

おすすめの勉強方法は、上記の勉強方法を踏まえ、過去問題を繰り返して解くことやアプリを有効活用することです。

また、苦手分野を追求しすぎないことも大切です。

下にファイナンシャルプランナーの受験に役立つおすすめのサービスを載せておきますので、

ぜひご参考ください♪

① オンスク

・月額 1078円で60講座以上の資格学習コンテンツが利用可能

・スマホでもPCでも、マルチデバイス対応でどこでも学習が可能

・資格の学校TACのノウハウが凝縮された充実の講義ムービー

・過去問を徹底分析した問題演習機能

・スマホやPCで学べる月額1078円の〇〇講座(EX:宅建、社労士、簿記3級など)

スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】

② e-ラーニング

・ 年間14万人以上で利用されているeラーニングサイト

・ FP、宅建士等、受験者数が多い人気資格を中心に、eラーニング中心講座を販売

・ WEB活用による効率化で『低価格+充実の講座内容』を実現 eラーニングは、

・ インターネット環境があればいつでもどこでも学習可能で、 スマホ、タブレット対応

・ 受講中の疑問点については、質問メール受付サービスで充実のサポートを行っている

資格対策ドットコム

資格スクエア

・ いつでもどこでも何度でも講義が視聴できる!

・ 東京大学薬学部教授の池谷裕二氏の全面協力の 「IT×脳科学」を利用した問題演習機能

・ WEBで全て完結する、講義動画の横に編集可能なオンラインレジュメ

・ 受講生同士のオンライン単語帳の共有機能

・ 講義動画の21段階倍速機能で1時間の動画が最短20分に!

資格講座 | 資格スクエア

また、資格勉強の基本について過去の記事で取り上げていますので、

コチラもご参照ください。

資格取得の極意

タイトルとURLをコピーしました