簿記(2級・3級)の極意

資格

この記事では、簿記の2級や3級をとろうと考えている方に、おすすめの勉強方法や勉強効率の上がるアプリを紹介しております。

簿記について

簿記とは?

簿記とは、企業などの経済主体が経済取引によりもたらされる資産・負債・純資産の増減を管理し、併せて一定期間内の収益及び費用を記録することです。

簿記には単式簿記と複式簿記の2種類がありますが、今日では、複式簿記が一般的に用いられています。

複式簿記では、取引における2側面を遺漏なく記録しようとします。

例えば、現金で物品を購入した場合、物品を得たという事実と現金を失ったという事実をそれぞれ別の帳簿に記入します。

このようにして、企業の財務状態や経営成績を正確かつ公正に把握することができます。

日商簿記とは?

日商簿記とは、 日本商工会議所と各地の商工会議所が実施する、簿記の技能を測る検定試験です。

1級・2級・3級・初級という4つの階級で試験を行い、1級は年2回、

2級と3級は年3回実施されます。

初級はインターネット検定で、試験会場によって試験日が異なります。

日商簿記資格は、 企業の経理部門の担当者が持っているべき、経理に関する様々な知識を持っていることを証明する資格 です。

簿記は、企業などの経済主体が経済取引によりもたらされる資産・負債・純資産の増減を管理し、併せて一定期間内の収益及び費用を記録することです。

また、簿記には商業簿記や工業簿記などの種類があります。

簿記を取得するメリット

日商簿記資格を取得するメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

① 経理や会計に関する基礎的な知識やスキルを身につけることができる

② 就職や転職に有利になることができる

③ 公認会計士や税理士などの国家資格を目指すためのステップになることができる

④ 自分自身や家族のお金の管理に役立てることができる

簿記を使った仕事

簿記を使った仕事といえば、有名なのは経理のお仕事ですね。

経理のお仕事は、主に以下のようなものがあります。

① 会計帳簿の記帳と月次決算:日々の仕入や売上などの取引を会計帳簿に記帳し、月末には試算表や財務諸表などを作成する。

② 現金や預金の出納管理:現金や預金の出し入れを管理し、支払いや入金の処理を行う。

③ 給与計算:役員や従業員の給与を計算し、所得税や住民税の源泉徴収や給与の支払いを行う。

④ 固定資産の管理:企業が所有する土地や建物、備品、機械などの固定資産を管理し、減価償却費の計算や固定資産税の納付などを行う。

ほかにも、資産運用や予算・実績管理など様々な簿記を活用した業務があります。

また、経理以外にも、簿記を活かせる仕事としては以下のようなものがあります。

① 税理士事務所・会計事務所:顧問先の記帳代行や月次・年次決算、税務申告などを行う。

② 経営者・フリーランサー:自分自身の経営状況や財政状況を把握するために簿記を使う。

③ 営業職:顧客企業の財務諸表を分析してニーズを見抜くために簿記を使う。

経理の年収は?

経理の年収は、企業の規模や業界、地域、年齢、役職などによって大きく異なりますが、平均的には400万円~500万円程度と言われています。

民間の求人サービス会社のデータによると、以下のような傾向が見られます。

年齢別では20代で約400万円、30代で約500万円、40代で約700万円、50代で約800万円と、年齢が上がるにつれて年収も上昇する傾向があります。

男女別では、男性で約600万円、女性で約400万円と、男性の方が年収が高い傾向があります。

これは男性の方が大企業や正社員で働く割合が高いためと考えられます。

業界別では、鉱業や医療・ヘルスケア・介護機器、投資・投信・投資顧問などの業界で年収が高い傾向があります。

これは会計の専門性や需要が高いためと考えられます。

地域別では、東京や神奈川、大阪などの都市部で年収が高い傾向があります。

これは給与水準が高い企業が多いためと考えられます。

経理の年収を上げるためには、経理スキルを高めることや替えのきかない人材になることが重要です。

また、転職も年収アップの一つの手段です。

簿記の試験について

簿記の試験とは、簿記の知識や技能を測る検定試験のことです。

日本では、日本商工会議所が主催する日商簿記検定試験が最も有名で、多くの受験者が挑戦しています。

日商簿記検定試験には、1級・2級・3級・初級の4つのレベルがあります。

それぞれのレベルによって、出題範囲や試験時間、合格率などが異なります。

日商簿記1級は、極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を修得し、企業会計に関する法規を踏まえて、経営管理や経営分析を行うことができるレベルを求められます。

試験は年2回(6月と11月)に実施され、試験時間は前半90分・後半90分の合計180分です。

合格率は約20%前後と難しいです。合格すると税理士試験の受験資格が得られます。

日商簿記2級は、経営管理に役立つ知識として、企業から最も求められる資格の一つです。

高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できるなど、企業活動や会計実務を踏まえて適切な処理や分析を行うことができるレベルを求められます。

試験は年4回(2月・6月・8月・11月)に実施され、試験時間は90分です。

合格率は約40%前後と中程度の難易度です。

日商簿記3級は、業種・職種にかかわらずビジネスパーソンが身に付けておくべき「必須の基本知識」として、多くの企業から評価される資格です。

基本的な商業簿記を修得し、小規模企業における企業活動や会計実務を踏まえて、経理関連書類の適切な処理を行うことができるレベルを求められます。

試験は年4回(2月・6月・8月・11月)に実施され、試験時間は60分です。

合格率は約60%前後と比較的易しいです。

簿記の勉強方法は?

勉強方法は人によって異なりますが、一般的には以下のようなステップを踏むと良いと思います。

① 目標を設定する:簿記の試験に合格するためには、目標を明確にすることが大切です。

どのレベルの試験に挑戦するか、いつまでに合格したいか、どのくらいの勉強時間を確保できるかなどを考えて、自分に合った目標を設定しましょう。

② 学習計画を立てる:目標を設定したら、それに沿った学習計画を立てましょう。

学習計画を立てる際には、以下の点に注意してください。

・バランスよく学習する:簿記の試験では、商業簿記・工業簿記・会計学・原価計算などの科目が出題されます。

全ての科目をバランスよく学習することが必要です。

自分の得意・苦手な科目を把握して、適切な時間配分をしましょう。

・反復学習する:簿記の試験では、基礎知識が重要です。

基礎知識を身に付けるためには、反復学習することが効果的です。

テキストや問題集を使って、同じ内容を何度も復習しましょう。

・応用学習する:簿記の試験では、基礎知識だけでなく、応用力も求められます。

応用力を身に付けるためには、応用学習することが効果的です。

過去問題や模擬試験を解いて、実践的な問題に対応できるようにしましょう。

3. 定期的に振り返る:学習計画に沿って勉強していく中で、定期的に振り返ることも大切です。

振り返ることで、自分の進捗や理解度を確認することができます。

また、振り返ることで、学習計画や勉強方法を見直すこともできます。

日商簿記初級について

日商簿記初級は、簿記の基本用語や複式簿記の仕組みを理解し、業務に利活用できるレベルの試験です。試験は年4回(2月・6月・8月・11月)に実施され、試験時間は30分です。

合格率は約80%前後と非常に易しいです。

日商簿記3級について

日商簿記3級とは、日商簿記検定試験の4つのレベルのうち、易しいレベルの試験です。

簿記3級に合格すると、以下のようなことができるようになります。

① 基本的な商業簿記を修得する:簿記3級では、商業簿記の基本的な知識や技能を問われます。

商業簿記とは、商品やサービスを販売する企業の会計を扱う分野です。

簿記3級に合格すると、貸借対照表や損益計算書などの財務諸表の作成方法や読み方、仕訳や補助簿の記帳方法などを理解できるようになります。

② 小規模企業の経理業務を行う:簿記3級では、小規模企業における企業活動や会計実務を踏まえた問題が出題されます。

簿記3級に合格すると、小規模企業の経理担当者として、経理関連書類の適切な処理や管理を行うことができるようになります。

また、税務申告や資金管理などの基礎的な知識も身に付けることができます。

③ ビジネスパーソンの必須知識を身に付ける:簿記3級は、業種・職種にかかわらずビジネスパーソンが日常業務をこなすための基礎知識として、多くの企業から評価される資格です。

簿記3級に合格すると、自社や取引先企業の経営状況を把握したり、利益率や収益性を意識したりすることができるようになります。

また、簿記3級は、上位レベルの試験へのステップとしても有効です。

日商簿記2級について

簿記2級とは、日商簿記検定試験の5つのレベルのうち、中程度の難易度の試験です。

簿記2級に合格すると、以下のようなことができるようになります。

① 高度な商業簿記・工業簿記を修得する:簿記2級では、商業簿記・工業簿記の高度な知識や技能を問われます。

商業簿記とは、商品やサービスを販売する企業の会計を扱う分野です。

工業簿記とは、製品や部品を製造する企業の会計を扱う分野です。

簿記2級に合格すると、財務諸表の作成や分析、仕訳や補助簿の記帳、原価計算や在庫管理などを理解できるようになります。

② 企業活動や会計実務に対応する:簿記2級では、企業活動や会計実務を踏まえた問題が出題されます。

簿記2級に合格すると、経理・会計担当者として、企業の経営管理や経営分析に役立つ処理や報告を行うことができるようになります。

また、消費税や法人税などの税務知識や、会社法や会計基準などの法規知識も身に付けることができます。

③ 経営管理に役立つ知識を身に付ける:簿記2級は、経営管理に役立つ知識として、企業から最も求められる資格の一つです。

簿記2級に合格すると、自社や取引先企業の経営内容を財務諸表の数字から把握したり、利益率や収益性を向上させるための提案や改善策を考えたりすることができるようになります。

また、簿記2級は、さらに上位レベルの日商簿記1級や税理士試験へのステップとしても有効です。

簿記の勉強方法は?

簿記の試験に合格するためには、勉強時間や方法が重要です。

一般的には、上級・1級は約1000時間、2級は約300時間、3級は約100時間、初級は約30時間の勉強が必要と言われています。

しかし、これらの時間はあくまで目安であり、個人差や学習効率によって変わります。

また、勉強時間だけでなく、勉強方法も重要です。以下のような勉強方法がおすすめです。

① 基礎知識をしっかり身に付ける:簿記の試験では、基礎知識が重要です。

簿記の用語や仕訳のルール、財務諸表の作成方法などをしっかり理解しておくことが必要です。

基礎知識を身に付けるためには、テキストや問題集を使って反復学習することが効果的です。

② 過去問題を解く:簿記の試験では、過去問題が出題されることが多いです。

過去問題を解くことで、出題傾向や自分の苦手分野を把握することができます。

また、過去問題を解くことで、試験形式や時間配分に慣れることもできます。

過去問題を解く際には、正解だけでなく、解説もしっかり読んで理解することが大切です。

③ 模擬試験を受ける:簿記の試験では、模擬試験を受けることも有効な勉強方法です。

模擬試験を受けることで、本番と同じような環境で自分の実力を測ることができます。

また、模擬試験を受けることで、自信やモチベーションを高めることもできます。

模擬試験は、教育機関や商工会議所などで実施されています。

勉強方法は人によって異なりなりますが、簿記に合格した方は、以下のような共通点が見られます。

① 目標を設定する:簿記の試験に合格するためには、目標を明確にすることが大切です。

どのレベルの試験に挑戦するか、いつまでに合格したいか、どのくらいの勉強時間を確保できるかなどを考えて、自分に合った目標を設定しましょう。

② 学習計画を立てる:目標を設定したら、それに沿った学習計画を立てましょう。

学習計画を立てる際には、以下の点に注意してください。

③ バランスよく学習する:簿記の試験では、商業簿記・工業簿記・会計学・原価計算などの科目が出題されます。

全ての科目をバランスよく学習することが必要です。自分の得意・苦手な科目を把握して、適切な時間配分をしましょう。

④ 反復学習する:簿記の試験では、基礎知識が重要です。

基礎知識を身に付けるためには、反復学習することが効果的です。

テキストや問題集、アプリを使って、同じ内容を何度も復習しましょう。

⑤ 応用学習する:簿記の試験では、基礎知識だけでなく、応用力も求められます。

応用力を身に付けるためには、応用学習することが効果的です。

過去問題や模擬試験を解いて、実践的な問題に対応できるようにしましょう。

⑥ 定期的に振り返る:学習計画に沿って勉強していく中で、定期的に振り返ることも大切です。

振り返ることで、自分の進捗や理解度を確認することができます。

また、振り返ることで、学習計画や勉強方法を見直すこともできます。

自分に合った最適な勉強方法を見つけることができれば、効率的に学習できます。

おすすめの勉強方法は、上記の勉強方法を踏まえ、過去問題を繰り返して解くことやアプリを有効活用することです。

下に簿記の受験に役立つおすすめのサービスを載せておきますので、

ぜひご参考ください♪

① オンスク

・月額 1078円で60講座以上の資格学習コンテンツが利用可能

・スマホでもPCでも、マルチデバイス対応でどこでも学習が可能

・資格の学校TACのノウハウが凝縮された充実の講義ムービー

・過去問を徹底分析した問題演習機能

・スマホやPCで学べる月額1078円の〇〇講座(EX:宅建、社労士、簿記3級など)

スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】

② e-ラーニング

・ 年間14万人以上で利用されているeラーニングサイト

・ FP、宅建士等、受験者数が多い人気資格を中心に、eラーニング中心講座を販売

・ WEB活用による効率化で『低価格+充実の講座内容』を実現 eラーニングは、

・ インターネット環境があればいつでもどこでも学習可能で、 スマホ、タブレット対応

・ 受講中の疑問点については、質問メール受付サービスで充実のサポートを行っている

資格対策ドットコム

資格スクエア

・ いつでもどこでも何度でも講義が視聴できる!

・ 東京大学薬学部教授の池谷裕二氏の全面協力の 「IT×脳科学」を利用した問題演習機能

・ WEBで全て完結する、講義動画の横に編集可能なオンラインレジュメ

・ 受講生同士のオンライン単語帳の共有機能

・ 講義動画の21段階倍速機能で1時間の動画が最短20分に!

資格講座 | 資格スクエア

また、資格勉強の基本について過去の記事で取り上げていますので、

コチラもご参照ください。

資格取得の極意

タイトルとURLをコピーしました